平成30年度 社会福祉法人奴奈川福祉会職員募集について(支援員追加募集)

平成30年度職員採用について、以下のとおり募集いたします。

支援職員…3名

受付期間…平成29年10月31日まで

詳細は以下の求人票をご覧ください。

 求人票 ・  申込書兼履歴書

ワークセンターにしうみ管理者兼支援員募集について

就労移行支援・就労継続支援B型多機能型事業所「ワークセンターにしうみ」において管理者兼支援員を募集いたします。

採用日:平成29年12月11日

受付期間…平成29年9月30日まで

詳細は以下の求人票をご覧ください。

 求人票 ・  申込書兼履歴書

「看護職員の募集について」

法人施設で勤務する看護師・准看護師については、随時募集しております。詳しくは、以下へお問い合わせください。

【職員募集に関するお問い合わせ先】
社会福祉法人奴奈川福祉会 法人本部 (特別養護老人ホームみやまの里内)
〒941-0071 新潟県糸魚川市大字大野129
TEL : 025-552-8101 FAX : 025-552-7821 担当:平田

職員採用にあたって

 

 社会福祉法人奴奈川福祉会は、昭和56年9月に糸魚川・西頚城郡で始めての公設の老人福祉施設「みやまの里」の運営法人として設立されました。

 以来、糸魚川での老人介護施設の先駆けとなり、市民に親しまれ利用者から信頼される老人介護に寄与してきました。

 平成11年には、知的障害者更生施設「メモリアルホームみずほ」の運営にも携わり、高齢者と障害者福祉の向上に努めております。

 歴史と信頼に応え、職員一人ひとりが常に入所者や利用者の立場に立ち、笑顔と感謝の気持ちで仕事に従事できる職場づくりに努め、明るく元気で活力のある職員を育てて参ります。

社会福祉法人奴奈川福祉会
理事長  本 間 政 一

職員からのメッセージ

  • 特別養護老人ホームみやまの里
  • 介護管理課・課長補佐
  • 田原俊弘(2002年採用)
高齢者福祉の道に飛び込んで
 入職したきっかけは、こちらでの介護実習でした。実習生だから何も出来ないのは当たり前ですが、たくさんのご利用者がいる中でやさしく、臨機応変に要望や気持ちに応えている姿を見て、自分もそうした職員になりたいと憧れ就職しました。
 入社後は、特別養護老人ホームの介護職員の経験を積み、ケアマネージャーの仕事やフロアで働く職員たちをまとめるブロック長などを務めてきました。人と人が密接に関わる仕事なのでいつも笑顔と感謝の気持ちを大切に仕事をしています。
大切にしていることはチームワーク!
 今は、介護の現場やケアマネージャー、実習生や新人、職員の教育、働きやすい職場を作るという仕事をしています。ご利用者に快適な生活を提供するためには、1人だけ仕事のできるスーパーマンがいてもダメだし、チームの1人だけできてなくても良い支援ができているとはいえません。チームの全員が同じ目的に向かって一人ひとりのご利用者に合わせた支援が提供できるよう職員間のコミュニケーションやチームケアを大切にしています。
「やってみたい」という職員の気持ちを大事に
 介護の仕事は、生活の支援ということも大切ですがご利用者の気持ちに寄り添い、こたえていくというのが仕事です。そのためには職員の心と身体の健康、モチベーションを高めることがご利用者への良い支援へつながると思っています。
 以前、ご利用者から「昔、国鉄に勤めていて駅長をしていたんです」というのを聞いて“じゃあ、そこへ連れて行ってあげよう”ということで、昔勤めていた駅まで地元の駅員さんの協力をもらいながら電車に乗って行ったということもありました。大変なこともありましたが、ご利用者の懐かしくて、嬉しそうな笑顔を見て本当に“やってよかった”と実感しました。
  • 特別養護老人ホームみやまの里
  • 介護管理課・介護士
  • 金澤まどか(2015年採用)
高齢者福祉に携わって
 こちらに入職したきっかけは、私にとって身近な施設であり、自分が生まれ育った地元の高齢者と関わりたいと思ったからです。また、学生の時こちらの施設で介護実習を行い、日々の生活支援を行いながら入居者の方々と楽しそうに関わる職員の姿に憧れたからです。
 現在は特別養護老人ホームで介護士として業務をしています。毎日毎日、ご利用者の方々と関わりながら体調の変化を見逃さないよう心がけながら働いています。
自分の長所を活かして
 現在は介護福祉士として入居者の方々の生活支援を行っています。その生活支援を行う中でご利用者の要望や訴えを目と耳と心で聴くようにしています。また、ただ聴くだけではなく、ご利用者と視線を合わすことやいつも笑顔を心がけ、話しやすい環境を作るよう努力しています。おかげさまで入居者の方々からは「おまん、笑顔がいいねぇ。」とおっしゃっていただき嬉しく、とてもやりがいを感じています。まずは自分が心からの笑顔でご利用者の方々と関わり、1人でも多くの方に笑顔になって頂き楽しい生活を送って頂きたいと思っています。
ご利用者の気持ちを第一に考えて
 私が目指す介護福祉士は、入居者一人ひとりに合わせた個別ケアを行い、生活に楽しみを持っていただけるように支援していくことです。そのためには、ご利用者一人ひとりを知り、理解することが大切です。相手を理解するためには、毎日の関わりが大切になります。
 ご利用者の中には、なんでも言葉で言える人もいれば、遠慮して言えない人もいます。また、話しがうまくできない方もいらっしゃいます。そうした方でもどう思っているのか、何をしたいのかなど、気付けるような観察力、そして何でも話して頂けるようなご利用者との関係性を築いていきたいです。
 そして、ご利用者の皆様から頼りにされ信頼してもらえるような介護士になって、人としても成長して行きたいと思っています。